太陽光発電は、エネルギー問題解決の大きな一つになるのではないかと期待されているのです。

太陽光発電メーカーの競争

太陽光発電関連者が持っても関心を持っていることと言えば、政策による需要と供給のバランスでして、ある一定まで利用数が増えれば競争が激化して、価格が下落することになるのですが、ソーラーブームを背景に活発な設備投資が行われ、2007年に発表された設備投資計画は、従来の常識をはるかに超える巨大なものとなっています。

供給が過剰になったからと言っても、すぐに太陽電池の価格が電力価格まで下がるとは限らないですが、競争力のある製品から先に売れる時代となることでしょう。

アメリカの太陽光発電に対する減税措置が8年間延長されましたが、2000ドルの上限が撤廃され、さらに電力会社が発電所を導入する際の減税措置がこの時はじめて導入され、太陽光関連事業者にとっては嬉しい事ですが、価格が下がる可能性を秘めていまこちらのす。太陽光発電の価格・相場については、〔太陽光発電 最安値発掘隊トップページ|太陽光発電最安値発掘隊〕が参考になります。

Comments are closed.